<< 内側用中古施釉器入荷しました | main | 中古カーボランダム(SiC)棚板入荷しました >>
2018.06.22 Friday

弊社SiC棚板のご利用事例 2・トンネル窯改造

0

    弊社のSiC棚板をご利用頂いている地元(東濃地方)のユーザー様の窯場をご紹介します。

     

    徳利や焼酎瓶、湯たんぽなどに代表される高田(たかた)焼の産地である、多治見市小名田町のユーザー様です。多治見市は、弊社の所在する土岐市の隣に位置します。

     

    元々連続式のトンネル窯だったものをバッチ式のシャトル窯に改修した珍しい例で、窯の容積は10立米にもなり、高さのある焼酎瓶が1窯で約4000本焼成できます。

     

    専門の職人さんが手描きで名入れする銘柄もあり、顔料や撥水剤を使って描いてきます。近くの酒販店や飲食店で見かける陶器入りの焼酎の容器もこちらで生産されたものかも知れません。


    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Company
    (株) 大幸セラミック

    〒509-5122
    岐阜県土岐市土岐津町土岐口754-7

    Tel:0572-53-1751
    Fax:0572-53-1752
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode