<< 中古カーボランダム(SiC)棚板入荷しました | main | 中古カーボランダム(SiC)棚板 再入荷しました。 >>
2018.02.14 Wednesday

冷却時に窯の扉を開けるが、外気温とSiC(カーボランダム)棚板の割れやすさは関係ある?

0

    地元の窯元様より「最近、比較的新しいSiC(カーボランダム)棚板が窯から出したら割れていたが、季節的な要因もある?」という問い合わせがあり、使用状況含め調査致しました。

    SiC棚板の割れの状況は下の写真のとおりで、スリット部分からクラックが伸びているヒートショックによる一般的な割れの入り方です(矢印〜矢印)。2018 2 blog SiC plate crack.jpg

     

    その窯元様は火を止めてから炉内が600℃くらいまで下がった時点で少し扉を開けて冷ますとの事で、これでは扉付近下段のSiC棚板はヒートショックをもろに受けます(陶磁器製品もカチカチ音を出しながら急速に冷めていると思います)。また外気温が寒い冬では炉内温度との差がさらに大きいためダメージも大きくなります。

    SiC棚板は約800℃以下で赤熱状態がおさまり元の黒っぽい色になりますが、その温度帯から約300℃くらいまではゆっくり冷まさないとヒートショックの影響で棚板が割れる恐れがあります。*SiC棚板が割れる原因についての詳細はこちらをご参照下さい

    炉の大きさ(断熱ブロックの厚さ)や棚組みの具合、炉の密閉度、棚板の大きさ、等々の諸条件により一概には言えませんが、一般的にはやはり炉内温度300℃未満になるまではできるだけ扉を開けずにゆっくり炉内を冷ますのが良いかと思いますし、外気温の低い冬場などはいつもよりも窯出しのタイミングを遅らせるのがSiC棚板へのダメージを避けるポイントです。

     

    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
     
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Company
    (株) 大幸セラミック

    〒509-5122
    岐阜県土岐市土岐津町土岐口754-7

    Tel:0572-53-1751
    Fax:0572-53-1752
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode